夫の実家帰省で思ったこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

夫の実家帰省で思ったこと

こんにちは(^-^) Greです。

 

clove

本日の午後、無事に自宅に戻ってきました。

たった3日ぶりの自宅ですが、やっぱり落ち着く〜✧

オットの実家にもすっかり慣れて、熟睡できるように

なっていますが、移動が長いので疲れますね。

午後は熟睡モードでお昼寝〜♡

 

スポンサーリンク

実家に帰省して思ったこと

今回、義母の話を聞いて思ったのは、

「心配すぎるといいことないなぁ」

ということです。

 

腰が痛くて、あまり外を出歩かなくなった義父。

義母はたいへん心配性なので、

杖を使わないで散歩に行って、骨折したら困る

と義父に細かく指示しているようですが、

義父は杖を使いたくない。

 

義母にあれこれいわれるのが嫌で、義父は

外に出て歩かなくなる。

筋力が落ちて、さらに腰が痛くなる

義母がさらにあれこれ指示

義父、ますまる出歩かなくなる

腰痛が悪化して入院へ。

 

という悪循環にはまってしまっていました。

 

先回りして心配することは…

前もって先のリスクを想定しておくことは

とても大事なことですが~

そのために現在、身動きがとれなくなることは

本末転倒だと思います。

 

杖なしで歩きたい義父の意志を尊重しても

いいんじゃないかなぁ~なんて思います。

義父が骨折したら困るのは義母なので、確かに義母の

いっていることは正論なのですが〜(-ω-)

 

義母は義父のさんぽ状況をこと細かにリサーチして

毎回、細かなアドバイスをしていたようですが~

いつも自分の行動を監視されて、細かく指示されるのは

私だったらムリだなぁ~(>_<)

 

そこで、オットから義母に

「何もいわないで、黙ってしばらく様子をみてみたら?

それでも変わらなかったら、オレが父さんにいうから。」

といってもらうことにしました。

 

子育ても同じですね!

子育ても同じですね。

あまり心配しすぎて、子供の行動を制限していたら、

何も新たなチャレンジはできないだろうし。

チャレンジの内容を詳しく聞かれるのも鬱陶しいし。

 

もし娘達が新たなチャレンジをしてみたいのであれば、

失敗を恐れずに軽く背中を押してあげたいと思う今日この頃✧

 

✧✧✧

ちなみに…

チャレンジャー1号(娘1)は友達と楽しい連休を

過ごしているようです♡

image (1)

京都水族館の写メが送られてきました♡

誰と一緒に行ったんだろう〜(-ω-)

 
心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする