子供のアトピーを治すのは薬だけではないんだなと思ったこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子供のアトピーを治すのは薬だけではないんだなと思ったこと

こんにちは(^-^) Greです。

 

flood

 

先日、新しい皮膚科へ娘2を連れていきました。

娘2はあかちゃんの頃からのアトピーなのですが、

先日から急に悪化してしまい、今までもらっていた

ステロイド剤がなくなってしまったからです。

 

近所の皮膚科はいつも患者に怒っていて負の気持になるので、

評判のいい皮膚科を調べました。

 

ここ2週間、ステロイド剤を塗っても、

皮膚の炎症がすっきりと治らず、私も娘2も

少し不安な気持で皮膚科へ向かいました。

 

もちろん、私が不安に思っていることは娘2には

話していません。母親が不安になると子供はさらに

不安になるであろうから。

「大丈夫かなぁ」と不安がる娘2に、

「大丈夫だから!」と明るく家を出ました。

 

スポンサーリンク

その日から娘が変わった!

その皮膚科に行って診察を受けた日から、

娘2は変わりました✧

 

アトピーケアに積極的になり、毎日の学校生活の

中でも保湿ケアをこまめにするようになりました。

 

その結果、たった2日で炎症も改善✧

 

母「すごいね!炎症が治ってきてる✧」

娘2「学校でトイレに行くたびにクリーム塗ってるから(・∀・)」

母「もうステロイド塗らなくて大丈夫だね!」

娘「ホッホッホ(^O^)」

 

今まで母が何度となく「保湿の重要性」を訴えてきても

変わらなかった娘2。

こまめな保湿が続かずに、皮膚の炎症が悪化していました。

 

彼女を変えたのは何だったのでしょう?

 

娘を変えた医師の言葉と態度

娘2を変えたのは、新しい皮膚科のお医者さんと

看護婦さんの言葉と娘への態度でした。

 

最初に医師はアトピーのつらさを言葉にしてくれて、

娘の気持に共感を示してくれました。

その後、

・一般的なアトピーの原因について

・生活で気をつけたいことについて

・ステロイドとのつきあい方について

短時間で一気に、でも丁寧に話してくださいました。

 

診察ベッドに座る娘に対して、医師は椅子に座らず

ひざまずく形で身体をまっすぐに娘に向けて話をしていました。

 

こんな診察は初めてです✧

 

一般的には、医師はPC机に向かって座っていて、

ときどき上半身を患者に向ける形で診察することが

多いと思います。

 

自分にまっすぐに身体を向けて話してくれたこと、

PCに向かいながら話すのではなかったこと、

これらは大きく違った印象でした。

 

診察は本当に短時間で、質問さえもできなかったのですが、

それでも十分、医師が伝えたいことは娘に伝わったようです。

 

一緒にがんばろうね、という気持ち

その後、看護婦さんが患部に薬を塗ってくれて、

衣類や入浴法などについて具体的なアドバイスを

してくれました。質問もそこですることができました。

 

うれしかったのは、

「何か不安なことがあったら、いつでもおいで!」と

いう一言✧

 

アトピーっ子もその母親も、自分たちだけで

不安を抱えて戦っていることが多いので、

「一緒にがんばろうね!」といってくれたのが

本当にうれしかったし、力強く感じました。

 

アトピーを治すのは薬だけではないということ

娘2は診察後、「すごくいいお医者さんだったね♡」と

とても嬉しそうでした。

そして、たった数日間ですっかりよくなってしまいました。

(弱いステロイド剤も使っています)

 

そして何より、娘2の態度が変わったことに驚いています。

今までの不安いっぱいな娘2から、「自分で治すぞ!」

という態度に✧

医師から聞いた生活の工夫も自分から実行しています。

 

きっと、信頼できる医師に出会えたことで、

「もう大丈夫なんだ」と安心したこと、

医師のいう通りに生活を変えてみようと思えたこと、

それが彼女を変えたのでしょう。

 

そして自分を振り返る

たった1回の診察で娘を変えてくれた医師に感謝しつつ、

私も自分を振り返っていました。

 

自分は娘に身体の正面を向けて、話を聞いていただろうか?

娘を安心させてあげられていただろうか?

 

できていなかったなぁ〜(反省)

残念ながら、過去を変えることはできないので~(-ω-)

 

今後の人生に活かしていきたいと思います~!

〜ヨシ!子供に大事な話をするときはこの作戦だ!(・ω・)〜

 

お医者様ってたいへんな仕事だと思いますが~

人を変えることができる、素晴らしい仕事ですね✧

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする