女性がずっと仕事を続けていくために必要なこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

女性がずっと仕事を続けていくために必要なこと

こんにちは(^-^) Greです。

 

DSCN2005

我が家の娘も大学生・中学生になり、将来の職業について考える年頃です。

 

いまや、「年功序列」という言葉が懐かしく感じられる時代。

大手企業に就職したら大丈夫という世の中ではなくなりました。

転職も当たり前になってきています。

そのような社会の中で、女性がずっと仕事を続けていくために

必要なことはなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

女性がずっと仕事を続けていくために必要なこと

女性がずっと仕事を続けていくために必要なのは、

「専門性」を身につけることではないでしょうか?

 

自分の適正に合った「専門技術」を身につけること、

自分の「強み」を持つこと、

それが女性がいくつになっても仕事を続けていける

秘訣ではないかと思います。

 

いえ、女性には限りませんね!

すべての人において、ずば抜けた専門性を持っていれば、

いくつになっても仕事がなくなることはないでしょう。

 

専門性といってもさまざま

料理が好きな人は調理師であったり、

手先が器用でコツコツ型の人は歯科技工士であったり。

薬剤師、言語聴覚士、理学療法士…

本当にさまざまな専門職があるものです。

 

いえ、そんな資格が必要な仕事だけでなく、

営業職での接客技術であったり、

経理事務においての決算業務の経験であったり、

塾講師においての指導力や生徒からの信頼力、

などなど。

 

どんな仕事においても、「専門性」=「強み」を

身につけることはできると思っています。

 

その仕事において「自分にしかできない仕事をする」と

いうことが「強み」につながるのではないでしょうか。

 

複数の「専門性」を持つ人は強い!

といっても、一つの職種しか経験がないよりも、

複数の職種を経験することで複数の「専門性」を持つことも

女性が仕事を続ける上で有利に働くことがあります。

 

たとえば、家庭教師をしている30代の知人がいるのですが、

前職では営業職を経験していたそうです。

営業職できたえられたおかげで人当たりがものすごくよく、

生徒からも慕われ、生徒の保護者からもかわいがられて、

クチコミで仕事が切れることがないのだそうです。

 

もちろん、指導力もあってのこそこと✧

ふたつの「強み」がうまく融合した結果なんですね!

 

娘に教えたい「職業感」

小さな頃から生物の生態に興味がある娘2は、

「動物園の飼育員って仕事も捨てがたいんだよね」

と先日、TVを見ながらつぶやいていましたが~

 

自分の希望する専門職に就いて、分野を絞って

技術を磨くことができたら幸せなことですね。

 

娘には、「仕事をまわしていく」充実感を知ってほしいし、

仕事を続けていくことで自分に自信をつけてほしい。

 

そのためには、早い段階で自分の適性に合った道を決めて、

専門性を高めていくことが大切だと伝えたいと思っています。

 

仕事をするしんどさ・おもしろさを知ってほしいから。

長く仕事を続けることでさまざまな経験をしてほしいから。

 

仕事は効率的に人生修行をするための一つの方法と考える

人生修行の道において「職業を持つ」ということが

とても効率的な修行になると思うので〜

娘にも経験してほしいと思っています。

 

仕事をすることで、嫌なことから逃げずに

立ち向かう経験ができるからです。

その結果、うまく乗り越えられた充実感を経験してほしい✧

 

といっても、それは仕事以外でも経験できるもので~

専業主婦の場合は近所づきあいや子供のPTA活動などで

「逃げられない」経験をすることになるのでしょう。

 

修行の場面が違うだけで結局は同じなんですね。

 

✧✧✧

さて、来年度は娘1も大学3年生。

後期からは就職活動なども経験できるのでしょうか?

彼女がどんな道を選ぶのか楽しみですし、

遠くから応援したいと思っています。

 

子育てをすることで、自分の過去を振り返ったり、

追体験することができたり。

これまた、いい人生修行になりますね✧

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする