女性が職場でうまくやっていく方法 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

女性が職場でうまくやっていく方法

こんにちは(^-^) Greです。

DSCN0744

TELで理工学部の娘1と就職の話をしていました。

娘の学科は女子が1割もいません。

 

娘1「理系は女子が少ないから、何をしていても目立つし、

特別扱いされるのがイヤなんだよね」

母「確かにね。母が就職した会社も女子は1割だったよ」

 

娘1「特別視しないで放っておいてほしいんだよね。」

母「少ないからなぁ。理系の職場で生きてくとしたら、

女子が少ない世界でどう行動するかっていう問題は

一生つきまとう問題だよ。

だから、早めに習得しておくといいかも」

 

なんて話していました。

 

スポンサーリンク

特別扱いや嫉妬をかわす

女子が少ない職場は、女子だからということで

特別扱いされることが多いかもしれません。

 

新人の頃はそれでいいのですが、その後、

「女子なのに仕事ができる」ということは

男性社員の嫉妬を受けることもあるはずです。

ただでさえ、女性だということで特別扱いされやすい

状態であればなおさらです✧

 

男性は自分より仕事ができない女子が好きですものね✧

 

それをうまくかわして、嫉妬やねたみの対象に

なることなく職業人生を歩き続けることは、

女子にとって必須の能力ではないかと思います。


これがなかなかにムズカシイ(-ω-)

 

自分のポジションを作ること

いつまでも「かわいい後輩」の位置で仕事を続ける

わけにはいかないので、自分のポジションを早めの

段階で作ってしまうと楽かもしれません。

 

女子が仕事を一生続けようと思ったら、

自分は仕事ではこのキャラクターでいく!

と自分で決めてしまうといいのかも。

 

それは普段の自分である必要はありません。

 

私は普段はのんびり屋なのですが、

「仕事のときは怖いね(;・∀・)」

と二十代の頃からいわれていました。

仕事の会議などで自分の意見をしっかり主張するので、

そう思われていたようです。

 

淡々と謙虚に仕事を続けたい

数年後に就職するであろう娘に思うことは、

長い目で見て仕事を続けてほしい、

淡々と謙虚に仕事をしてほしい、

ということです。

 

二十代の頃は目先のことを考えてしまいがち✧

友達の会社がまぶしく見えたり、

出産退職する知人がうらやましく思えたり、

転職する同僚に心揺さぶられたり、

自分の仕事がつまらなく思える時期もあるはず。

 

でも、仕事人生は40年もあり、その中の最初の

十年は職業人生が始まったばかりなのですよね。

十年は長いようですが、10/40と考えると、

まだまだ先は長いのです✧

 

今の自分だけを考えて焦ったり、

急な方向転換したりしないで、

今の場所で一段ずつ階段を登っていくことが

大事なのかも、と思います。

 

✧✧✧

1.自分のキャラクターを作る

2.長い目で見て職業人生を考える

 

自分の道を信じて歩いていきたいものですね✧

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする