生活のために働くことのプラス面を考える | *グレ通信~ 私のすきなこと*

生活のために働くことのプラス面を考える

こんにちは(^-^) Greです。

DSCN4916

私は生活のために働いています。(・∀・)

 

以前はそれについて、

仕事を辞められないのはプレッシャーだなぁ

専業主婦になれる人はうらやましいなぁ

と思っていたのですが~

 

今となっては、生活のために働くことは当たり前の

ことだと思っています。

 

むしろ、働かざるを得ない状況にいたことで、

仕事を安易に辞めずに済んでよかったのかも✧

と思ったりもしています。

というのも、今まで何度となく、仕事を辞めたいと

思ったことがあるからです。(-ω-)

 

スポンサーリンク

仕事のおかげで気づけたことがたくさん

というのも、私は家にいるのが大好きなので、

できれば家の中で過ごしたい!というタイプ。

一日中ひとりで過ごせる性格です。

 

でも、私の場合はきっとそれでは、人生の修行に

ならないのだと思うのです。

 

仕事を強制的にせざるを得ない状況にいたから、

・人と接する機会が増えて、いろんな気づきがあり、

・他人の行動を見て反面教師にすることができ、

・自分の少ない能力をフル回転することをおぼえ、

・短時間に家事を終えられるようになり、

・子供に過干渉にならずに済み、

・仕事で疲れて無口になるオットの気持も理解でき、

・オットに不必要にからむこともなく、

・ご近所づきあいに悩む時間もなく、

これまでを過ごすことができたのだと思います✧

(…いえ、時々はオットにからんでますね…苦笑)

 

専業主婦でももちろんOK!

もちろん、これはあくまで私の場合の話で~

専業主婦でもしっかりこれらができている人が

たくさんいるし、コミュニケーション能力の高い人が

私の周りにはたくさんいます✧

ホントにうらやましい!

 

なので、仕事をした方がいいという話ではありません。

私のように家にこもりがちな人は、仕事をすることで

強制的に外に出ることがプラスに働くことがある、

ということです。(-ω-)

仕事をしていなかったら、私はきっと一日中家の中に

いて、誰とも会わずに過ごしてしまいそうです。

 

仕事ができるありがたみを実感したこと

私がこんなふうに考えられるようになったのは、

子供が育って落ち着いてからのことです。

そして、この本を読んでからかも。

この本を読んで初めて、

 

普通に仕事をすることができて、

毎日、帰る場所があって、

温かいご飯が食べられて、

夜はふとんで安心して眠れて、

普通に子供が学校に通える

 

ということが恵まれたことなんだと知りました✧

当たり前のことが、当たり前じゃないことに

気づくことができました。

 

最近、オットとは「生活費を稼ぐ同志」のような感じです…。

つがいで交代にエサをとりに飛び立つツバメのよう~(-ω-)

 

街でツバメの巣を見かける季節になりましたね。

たまに見かけると「ガンバレヨッ」とつぶやきつつ…

私もガンバロウ!と思います✧

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする