「家族という病」そして、家族が重たい理由 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

「家族という病」そして、家族が重たい理由

こんにちは(^-^) Greです。

image

最近、ようやく読んだ本「家族という病 」。

Amazonのベストセラー1位になっていたので

少し期待して手に取ったのですが~

 

読んでみて、ガックリ…

途中からページを閉じました。

かなり自分目線に偏った、自己中心的な本です。

 

「家族ほど、しんどいものはない」というキャッチコピー。

家族について悩む人はつい手に取ってしまいがちですが、

特にそれについての対策が書いてあるわけではありません。

 

著者の家族についての不毛な感情を吐き出しただけ、

読んでいてもスッキリしない内容のまま終わります。

 

スポンサーリンク

「お互いを理解する」のは難易度が高すぎる!

著者いはく、

「お互いを理解し助け合って生きている。

そんな家族がいたらいっそ気持ち悪い」

とのことですが~

 

私は「お互いを理解する」というよりは、

「お互いを尊重する」という言葉を使いたい✧

 

人を「理解」するのは本当に難しいことです。

それは、家族であっても、恋人であっても、

親友であっても、自分の子供であっても…

 

最初から、「人を理解できる」なんて

おこがましいことは思わずに、

人を「尊重して」助け合って生きていくのが

家族だと思うのです。

むしろ、「理解できない」と思っているからこそ、

優しくできるのかもしれません✧

 

自分の環境を恨んでいても何も変わらない!

自分が幼少期に「家族に理解されずに育った」としても、

それについて恨みつらみを書籍化するのではなく、

自分が大人になって「自分の家族」を作ろうよ!といいたい。

過ぎたことを恨んでみても、自分もつらいだけです。

 

私もどちらかというと、幼少期に「家族」に恵まれずに育ったので、

早く結婚して「自分の家族」を作ろうと思っていました。

自分が家族に恵まれなかった分、子供達には自分と同じ思いを

させないよう、努力してきたつもり✧

 

そんな話を、小学生になった娘達にしたことがありますが、

「ハハはがんばったよ✧私はそう思うよ」

と娘2にいわれ、涙が出たこともありました。

 

母とも今は特にわだかまりはないし、母は母なりに一生懸命

だったんだと今は思います。

一歩前に進むかどうかは、自分の気持次第。

でも恨んでいても、先に進むことはできないと思います。

 

ということで、本を読んで思ったのは、

自分のグチを他人に聞かせるのはやめておこう、

ということです。

(あれ?このブログではグチってますね…汗)

 

せめて、家族にはあまりグチらないよう気をつけよう✧(苦笑)

家族に嫌われないよう、少し距離を置いて、尊重しつつ

助け合って生きていきていけるといいですね。

 

そして、来世でもまた会えたらいいなぁと願っています✧

 

家族という病 (幻冬舎新書)

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする