生命保険の見直しに思うこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

生命保険の見直しに思うこと

こんにちは(^-^) Greです。

Spiral stairs in Saint Istvan Basilika in Budapest

 

さて、1月も今日で終わりですね✧

我が家では娘2の私立高校の入試ウィークが終了!

 

とりあえず娘2は笑顔を見せて「終わった~(・∀・)」と

いっていたのでほっとひと安心していたのですが。

 

その後、

娘2「数学が難しかった~!5点位しかとれないかも」

と聞きずてならないセリフをいっていたので~

安心してる場合ではないようです…(;・∀・)

 

とはいっても、今からあせったところで

点数アップするわけじゃなし!

とりあえず、終わった!ということで

「次の目標に向かっていこう!」

ということになっております…。

 

知り合いの先輩ママさんいはく、

「受験に関して親ができることなんて何もないわよ」

とのこと~(´-ω-`)タシカニソウカモ…

母親にできることなんて結局のところは

生活面のサポートだけですものね。

 

何はともあれ✧

「人生、いろんなことがあるからおもしろい」

といつもの言葉をつぶやきながら~

1月も終了です✧

 

スポンサーリンク

40代からの保険の見直し

さて、夫が保険の満期を迎えるにあたり、

生命保険の見直しをしようと考えています。

 

私自身、いくつか保険に加入していますが~

日々忙しく、詳しく調べる時間もないままに

適当に選んで加入しているので

「本当にこんなに必要なの?」

と思うこともあり。

 

保険の見直しをするにあたって、

とりあえずは知識を入れよう、と保険関係の本を

読みあさっておりますが~

少しずつ方向性が見えてきました。

 

保険の本には、

1.保険代理店が出している「保険加入を勧める」本

2.FP等の中立な立場の人が著者である保険の本

の2種類があるようです。

 

1の「保険の本」では、手厚い保険加入を

勧める内容が書いてあり、しろうとは

「やっぱり保険はしっかり加入しておかないと」

と思わされがちです。

 

確かにそれは真実でもあり、保険に入っていれば、

万が一の場合には保険金がおりるので助かります。

その分、毎月の保険料の支払いが大きくなり、

家計に負担がかかるため、その分の貯金額は

減ることにつながりがち。

 

やはりここでも、プラス面とマイナス面があるということですね。

トータルで考えて保険を選ぶ必要があるということになります。



 

40代50代がこれから加入したい保険とは

実際に私が10年前に深く考えずに加入した保険は

・CMでよく見かける保険会社

・医療保険にオプションで死亡保障を追加

・終身保険

・保険料の払い込み期間も終身

というものでした。

この他にも20代から加入している保険もあります。

 

ところが、10年たった現在考えることは、

・保険料の払い込みは60歳or65歳で終えたい

・医療保険はいらない

・ガン保険は必要かも

・死亡時の保険金は少なくてよい

ということです。

 

医療保険がない代わりに、

・病気の治療費

は保険金でまかなうことはできないため、

別に貯金をしておく必要があるでしょう。

 

また、残された子供の学費や生活費のために、

一定期間の「生命保険」の追加加入が必要かもしれません。

 

本を読み進めていくうちに、だんだんと

自分の保険の道が見えてきました。

遺族年金や高額療養費制度とも深く

関係してきますね。

また、子どもの年齢や夫婦の収入等によって、

加入すべき保険は大きく変わることも理解しました。

 

自分の知らない世界の知識が増えていくのは

とてもおもしろいものですね。

春までには保険を見直ししてスッキリしたいと考えています。

 

✧✧✧
まずは読んでほしい保険本がこちら!

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする