子連れ出勤していた頃のこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子連れ出勤していた頃のこと

こんにちは(^-^) Greです。

_DSC9496

私は子連れで出勤していた時期があります。

ほんの3週間位でしたが~

朝、一緒に家を出て会社について、娘ふたりは

接客コーナーの脇にある子供コーナーへ。

そこでテレビを見たり、ゲームをしたり、

宿題をしたりします。

お昼になると、私がそこに参加して、一緒にお昼✧

夕方まで会社で過ごして、6時過ぎに一緒に帰る生活。

 

スポンサーリンク

子連れ出勤していた頃✧

子連れ出勤していたのは~

そうです。あの大震災の後の3週間のことでした。

 

地元のメーカーに勤める私✧

自宅でひとりで被災した娘1が、怖くて自宅に

いられなくなった時期がありました。

そこで上司に相談すると、他にも小さな子供が

いる社員数名いて、子連れ出勤することを

上司がOKしてくれたのです。

それは4月になって学校が始まるまで続きました。

 

子連れ出勤のメリット

娘達が会社で一日を過ごすようになり、他の社員が

娘達に声をかけてくれるようになりました。

今でも「娘さん、かわいかった~✧

もう、そんなに大きくなったの???」といわれます。

当時は中3・小4だった娘ふたり✧

ホントに大きくなりました。(-ω-)

 

会社で子供の話をしてもいいんだ!

会社の人に娘を知ってもらえたのは大きなメリットでした✧

 

会社では娘の話はほとんどしていなかった私。

会社に子持ちの女子社員が少なかったため、

子供の気配は出さないようにしていました。

 

震災をきっかけに、娘のことを知ってもらえたことで

娘について話しかけてもらえるようになり、

気がラクになりました。

 

会社で娘のことを話してもいいんだ✧というのは

ある意味、ふっきれました。

かたくなに守ってきたルールが強制的に崩れて〜

いい方向に進んだ感じです✧

 

4年たった今でも…

震災から4年たった今でも、飲み会などで

「娘さん、元気?いくつになったの?」

などといわれますが、意外にうれしいものです✧

 

子供のことを話さない主義の私が、震災でやむなく、

子供をオープンにすることになり、それが自分を

楽にしてくれました。

 

会社で上手に子供の話をすることができたら、

周りの人の気持も変わるし、自分も気がラクに

なるかもしれませんね。

私の場合はちょっと特異な「子連れ出勤」でしたが、

悪くなかったという感想です。

 

自慢にならずに淡々と子供話をするのはムズカシイですが~

少しずつ小出しに話して、周りに理解してもらえると

仕事にもプラスに働くと思います。

 

できれば周りと波風たてずに仕事を続けたいですものね✧

子供をオープンにしてしまうのも、意外にいいものでした。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする