子育てを楽にする魔法の言葉 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子育てを楽にする魔法の言葉

こんにちは(^-^) Greです。

file000961978417

 

娘が小さかった頃のお話です。

子供の頃から自己肯定感が低かった私。

母親になったからといっても当然のごとく、

「いい親」になれる自信はありませんでした。

 

娘が赤ちゃんの頃は毎日のようにオロオロしては

夜、帰宅した夫に子育て相談をしていました。

 

といっても、オットも子育て初心者のため、

解決策が見つかるわけではありません。

夫婦二人で「どうしてだろうね~」と話しつつ、

忙しい毎日に忙殺されながら、気がついたら

娘が大きくなっていた、という日々でした。

 

スポンサーリンク

「不完全な人間でいい」と認めよう

そんな私が当時考えていたことは、

「自分が不完全な人間であることを認めよう」

ということです。

 

自分は「いい母」「完璧な母」になれるはずはない、

ダメ人間であることを認めて、それを娘達にも

伝えよう。

そして、自分が間違ったときには娘に素直に謝って、

許しを請うことにしよう、と決めました。

 

娘達にはいつも、

「母はいつも正しいことをいっているとは限らないよ。

自分の頭で考えて判断してね」

と話していました。

 

というのも、私自身が小学生の頃、

「親が話すことはすべて正しい」

と勘違いしており、それが違っていたことを知ったとき、

「親も間違ったことをいうんだ…」

と大きなショックを受けた記憶があるからです。(苦笑)

 

「子どもの頭を良くする勉強法」

つい最近、読んだ本があります。

子どもの頭を良くする勉強法 (ベスト新書)

 

この本にも同じことが書いてありました。

「親だからといって完璧である必要はない」

という文章を読んで、

「あ~、私と同じことを思っている方がいたんだ」

とホッとしてうれしくなりました。

 

この本は子供に関する本でもありますが、

実は親に向けて書いた本でもあると感じました。

 

娘1が中1の頃、テスト直前にのんびりしている娘に

「勉強しなくていいの!?」

というセリフを投げかけていた私。

この本の帯のとおりですね…(苦笑)

 

でも、今はそんなセリフは出てきません。

勉強からのスタートではなく、まず最初に

子供に「達成感」を感じさせること

が大事で、

次の目標を「達成」するためには

「勉強」が必要なのだ、

と子供自身に実感させることが大切なのだと

わかったからです。

 

理系人は特に、理由がないと行動できないものですね。

自分を振り返ってみても、目的があるからこそ

勉強しようと思えるのだと気づいたからです。

勉強がしたくて勉強しているわけではないのですね。

 

ダメ母にはダメ母なりの役割がある

私は「うっかりハチベエ」なので、しょっちゅう

失敗をしており~

娘が授業で使うエプロンを準備していなくて、

前夜に近所のホームセンターで買ってくる

なんてこともありました。

大学の入学式の日にちを勘違いした事件も~

(学部別に式の日が違うとは考えもしなかった…汗)

 

すると娘は「母に任せてはおけぬ」と思うらしく、

徐々にしっかりとしてくるものなのですね。

ダメ母にはダメ母なりのメリットがあるようです。(苦笑)

 

✧✧✧

ということで、子育てを楽にする魔法の言葉は、

いい母でなくてもいい

不完全な人間でいい

ということですね✧

 

大切なことは、

間違ったときは素直に謝ること

子供に「大好きだよ」と伝えること

でしょうか。

小さな娘に謝ると、いつも娘は私の頭をなぜて

「いいよ」と許してくれたものです✧

なつかしくも幸せな思い出です。

 

 


子どもの頭を良くする勉強法 (ベスト新書)

「生きることは学び続けること」

本当にその通りだと感じています。

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする