夫婦で敬語を使う関係~どう思いますか? | *グレ通信~ 私のすきなこと*

夫婦で敬語を使う関係~どう思いますか?

こんにちは(^-^) Greです。

 

Cider

 

最近たまに、無意識に夫に敬語で話しかけていることがあります。

 

たとえば、夫の席の近くにある物をとってもらうとき、

「そのおせんべい、とってもらえますか?」

といった具合。

(おせんべいが好きです♡…苦笑)

 

あるときは、飲み会のときなど、

「今日は帰りが遅くなるのでよろしくお願いします」

という感じ✧

 

基本、お願いするときが多いようですが…

以前であれば、「よろしくね!」という軽いタッチで

話していたはず。

 

いつのまに、そうなったのでしょう。

 

スポンサーリンク

敬語を使う夫婦のイメージ…「冷たい夫婦」?

以前は、「●●ですか?」などと敬語で話す夫婦を見ると、

「冷たい夫婦関係だなぁ」と勝手な推測をしていました。

お互いに気持ちが離れているから、敬語になるんだな、

と思っていたのですが~

 

でも、実は違うんですね。

 

実際に自分が夫に敬語を使うようになって思うのは、

「夫婦間の敬語もたまにはいいなぁ」

ということです。

敬語で話しかけると、相手も敬語で返してくれて

これまた新鮮でいいのです✧

 

夫婦間の敬語がいいと思う理由

なぜ、夫婦間の敬語がいいのかというと、

夫婦の年数が長くなってくると、お互いになれ合いになり、

お互いを大事にしようという気持ちが少なくなってくるのが

普通だからです。

 

ときには夫婦間で敬語を使うほどに、少し距離を置いて、

お互いが相手に気を遣って暮らしている方が、相手に優しく

なれる、ということがわかりました。

 

もちろん、すべての会話が敬語だとしたら疲れてしまうし~

このあたりの会話の感覚は、関西やそれ以西の方とは

ずいぶん感覚が違ってくるのでしょうね。

「敬語なんていややわ~」という声も聞こえてきそうです…

 

きっと、敬語うんぬんではなく、

心の中で夫婦間に少し距離を置いておく、

相手を尊重する気持ちを持ち続ける、

ということが大切なのだと思います。

 

男性と女性は「違う」という認識を持つこと!

娘1も来春には成人となるので、男性とのつきあい方を

アドバイスすることがあるのですが~

 

「男の人は女性とは違うから気をつけるべし!」

という話はよくしています。

 

特に同級生で同い年の男の人は、ついつい自分と

同じ、もしくは自分より下に見てしまいがちですが~

「男の人の”プライド”を大切に守ってあげないと

いい関係は長く続かないよ」

という話を娘1にはしています。

 

特に、男性は20代前半と30代後半とでは、

意識が大きく違ってくると思われるので~

女性がいつまでも、20代と同じつきあい方を続けていると

男性側からレッドカードを突きつけられると思っています。

 

特に同級生夫婦はご注意を!

そもそも、男性がずっと年上の場合と、

同級生夫婦の場合とは男性側の意識がまったく

違うのではないかと思います。

 

同級生夫婦は、年齢とともに女性側の配慮が

重要になってくるのでしょうね。

 

どちらにしても、夫婦間のことは女性がいかに、

夫婦間の空気をクリーンにしていくか、ということが

重要になってくるのかもしれません✧

 

私も「夫婦の修行道」はまだまだ山の中腹に差しかかったところ✧

先は長く、険しい道のりなのですが~

試行錯誤しながらゆっくり道を歩いていきたいと思っています。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする