論理的に夫婦ゲンカを避けるには | *グレ通信~ 私のすきなこと*

論理的に夫婦ゲンカを避けるには

こんにちは(^-^) Greです。

 

file00085071771

 

仙台はいいお天気の休日になりました。

オットはいつもの休日のごとく、山の家へ。

夏にはオクラと枝豆を育てていたようですが、

今は大根を育てているようです。

 

今日は珍しくオットが早く帰宅✧

時間があったため、娘2のことについて話し合って

いるうちに…珍しく意見が対立。

久しぶりに家庭内に暗雲が立ち込めました。

 

父親と母親とはやはり、娘に対しての思い入れが

違うのですよね。

私も思わず力が入ってしまいました…(汗)

お互いの見解が違いすぎるので、話し合っても

意見が一致することはありません。

 

黒い雲がちらりと姿を現した瞬間に

「コレハ マズイ」ランプが点灯し、

これ以上は話し続けるのはやめよう的な空気が発生し、

無事に嵐を回避することができました。

危ない!危ない!!!

 

というのも、意見を戦わせたところで、

お互いの感覚的な食い違いなので、

歩み寄ることはできないのです。

正解といったものもないのです。

 

「あ~、そういう感覚なのね」

とお互いに理解をしつつ、

「でも、自分とは感覚違うな」

と思いながら、お互い触れないでおくのが

一番だと思っています。

 

お互いの地雷がどこにあるかを理解していると

夫婦ゲンカにならないのでとても楽ちんです。

 

スポンサーリンク

論理的に夫婦喧嘩を避ける方法

まず、夫婦ゲンカを避けるためには、

自分がどういう行動をすると相手は腹を立てるのか

ということを具体的に理解することが大切です。

 

ケンカの引き金になるような「自分の行動」が

何なのか、を探してみるのです。

 

我が家の場合は、

・夫に頼んだ仕事を急かす

のが夫の地雷のようです。

 

私はせっかちなので、ついつい急かしてしまうのですが~

それがオットの気に障って、「コレ以上ハ危険」ランプが

点灯してしまうようです。

 

夫に頼んだ仕事が終わっているかどうか確認したい

場合は、急かすのではなく他の方法で確認すれば

よいだけのこと。

 

たとえば、「よかったら、私が行こうか?」

などと声をかければ、夫を怒らせることもないのです。

 

こちらの言葉や行動の選択ミスによって

夫婦ゲンカへとつながってしまうことが

以前は本当によくありました。

 

最近の私はオットの地雷を踏まないように

・論理的に考える

・自分の言葉と行動をよく選ぶ

・深追いしない

ことによって、夫婦ゲンカを限りなくゼロに近づけています。

 

明るく笑いながら主張する方法がおすすめ

といっても、夫に言いたいことをいわずに

自分が我慢する、ということではないのです。

相手に主張を伝える方法を変えました。

 

・自分の主張は相手の機嫌のよいときに

・明るく、笑いを取り入れつつ主張する

ことにしているのです。

 

どうしたら相手が自分の主張を理解して

受け入れてくれるのか?と考えた結果、

「明るく、笑いを取り入れつつの主張」

が一番効果的であることがわかりました。

 

ぜひ、皆様にもおすすめです。

怒りながら主張するより、泣きながら訴えるより

ずっと、相手に受け入れてもらえる方法です✧

 

相手が怒りながら強く主張してきたら、

こちらとしても受け入れる気持ちには

なれないですものね!

北風と太陽のように…

 

というわけで✧

オットと二人でテレビを見ながら、

日曜の夜を平和に過ごしています。

明日に備えてそろそろ休むことにいたしましょう✧

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする