夫への期待&妻の反省 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

夫への期待&妻の反省

こんにちは(^-^) Greです。

Love Heart in Sand

私がオットと知り合ってもうすぐ25年。

そんなに年月が過ぎた気はしないのですが、

早いものですね(-ω-)

 

そんな私がオットに期待していることについて

お話しします♡

 

スポンサーリンク

娘が小さかった頃✧

娘達が小さかった頃は、オットのことを

子育て共同担当者

という位置づけで考えていた気がします✧

 

夜、帰宅するといつもの流れで家事をこなし、

子供を食べさせてお風呂に入れて寝かせる。

一連の流れをふたりで順番にこなすことが

二人のメインになっていました。

 

夫婦で話すことは子供のことばかり(・∀・)

 

今日の娘のおもしろ話を私が話して、夫を笑わせる✧

それだけを考えていきていました(-ω-)

 

そして現在のオットとの関係✧

今は娘も自分のことは自分でできるようになり、

育児協力者としての役割はオットにはさほど

求めていません。

今は「子育て相談役」ってところでしょうか?

 

娘1が小学生になってからは、徐々にオットから娘1に

育児協力者の役割が移行していきました。

姉妹の年齢が5歳も離れているので、

娘1「娘2は半分は私が育てたと思ってる(・∀・)」

というくらい、娘1には妹のお世話をしてもらっていました。

 

オットへの期待がどんどん少なくなり、

妻から口うるさく指示されることも減って、

きっとオットもずいぶん気がラクになったことと思います(-ω-)

 

娘が小さかった頃のオットへの期待✧

今思えば、娘達が小さかった頃、

私のオットへの期待値はとても大きかったので、

オットはかなりしんどかっただろうと想像します。

 

でも、オットはひとことも文句はいわず…(-ω-)

妻にいいたいことはたくさんあったと思うけれど。

 

土日も自分のために時間を使うこともなく、

家族の買い物や娘2の通院やあれこれに駆り出され、

日々忙殺されて過ごしていました。

 

…なんだか泣けてきます(:_;)

 

あの頃の私は余裕がなく、家事をまわすことだけで

精いっぱいだったのだと思われます。

忙しいという字は「心を亡くす」と書きますが、

本当に心を失くしていたなぁ、としみじみ思います。

 

娘が大きくなった今✧オットに期待すること

そんな時期を経て…✧

今の私がオットに期待していること。

 

夜になったら、家で一緒に晩御飯を食べよう♡

ということです(^-^)

 

休日も、昼間はお互いに好きなことをして過ごし、

夜になったら家でふたりで晩御飯を食べる。

それだけで十分✧

 

会社の同僚は、

「たまにはおしゃれなレストランに連れてってほしい」

なんて話していますが、私はそんな希望はなし!

オットへの期待値はホントに小さくなってます!

 

毎日、家に帰って来てくれるだけでOK!

家でリラックスしてテレビを見ているオットの姿を

見るのが好きなのです♡

 

「オットを幸せにするから!」と結婚した私なのに、

子育て時期はオットへの要求が厳しくて、

しんどい思いをさせてしまったので~(>_<)

これからの夫婦生活で夫にお返ししていかないと✧

まずは、おいしい料理を作ることかな…(-ω-)

 

そんなことを考えながら、25年を振り返る春でした(^-^)

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする