『できないんじゃなくて…』 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

『できないんじゃなくて…』

こんにちは(^-^) Greです。
hikari
今朝、NHKで義足ランナーの特集をしていました。

登場したのは高校3年生の小松さん。骨の病気で小学2年生の時に足をひざ上から失っています。

「私は走ることはもうずっとできないんだと思っていたんです。でも走れる義足があるって聞いて…」

と恥ずかしそうに笑顔で語る小松さん。笑顔がとってもかわいらしい女子高校生です。

 

パラリンピックでも活躍した義肢装具士の臼井二美男さんのサポートを経て、義足で走るという体験に挑戦!

義足はその人の足に合わせて接合部分の微妙な調整が必要です。プロの技術力をまざまざと見せつけられました。(かっこいい!こんな仕事もあるんだ!)

パラリンピックでの競技者からお古の義足を譲り受けたり、国の補助を得て競技用の義足をそろえ、それを無料で貸出しているそうです。

 

走るのは足を失って以来、10年ぶりという小松さん…

走り終わった後、笑顔で語る小松さんのひとこと…目がキラキラしていました。

「風を切るって こんなに気持ちいいことなんだ!」

「今まで、私は走ることはできないって思っていたんですが、

できないんじゃないんですね!

やらなかっただけなんだ!って気づいたんです。」

素敵です…!ココロをギュッとつかまれました。

義足で初めての大会に出た小松さんの笑顔…、そして、走り終わった小松さんに笑顔で「よかったよ!」と声をかける義肢装具士の臼井二美男さんの笑顔…
とてもいいニュースでした。

 

私も…できないと思い込んでやらないでいることって…たくさんあるなぁ…としみじみ考えつつ。

朝ご飯をほおばっていました。

 

さて今日も仕事山積みですが…あまり深く考えないことにします。

では仕事にいってまいります~(^-^)/

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク