不安になったときの過ごし方 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

不安になったときの過ごし方

こんにちは(^-^) Greです。

 

custom

先週は体調が最悪でした…

今週月曜からようやく復活してなんとか1週間もったので…ホッとして休日を過ごしています。

 

小学生の頃からの母親譲りの片頭痛もちで、仕事ピークの後に気が抜けて頭痛が起きることが多く…ダメな日は一日中起き上がれません…(先週は仕事も休むくらいひどかった…)

食べ物も食べられず2日間水分しか摂れないくらいの重症でした。

寝込んでいると気持ちも鬱々としてきて最悪状態に…

 

そんな日は家族とも話さずに(マイナスオーラを放って迷惑かけるので)

薬を飲んでさっさと寝るしか方法はありません。

 

こんな体調でこれからの年代、乗り切れるのだろうか?とか

休んでしまったけど、今週中の仕事が終わるのだろうか?とか

たくさんの不安要素が頭の中にいっぱいになり、
暗雲に押しつぶされそうになるので…

思考回路をストップさせて、ひたすら元気になるまで眠るしかないのです!

そして食事がとれるようになったら、大好きなプリンを食べます(笑)
眠って薬が効いてきて元気になれば、またココロも復活!

普通に健康に暮らせることのありがたさをかみしめつつ、仕事に向かう毎日に戻ります。

 

そんな3日を過ごした後は、

何を食べてもおいしいし~
何をしても楽しいし~
外に出られるだけで「わあっ」という喜びがあります(^-^)

 

マイナスが大きい生活をしていると、人は単純なことで幸せになれるものなんですね。

幸せ沸点が低く設定されていると、毎日の中で小さな幸せを見つけやすくてラッキー!

 

我が家はわりと晩御飯は粗食(和食の地味なメニュー)が多いので、
たまに洋食メニュー(ハンバーグ!やビーフストロガノフ!など)を作っただけで

娘2が「ワアァッ(^∀^)」と喜んでくれます。

ここでもまた食事メニューの沸点の低さがプラスに働いてるというわけですね(笑)
~「手を抜いてるだけでしょ!(^-^)」娘2より~

 

物事には何事においてもプラス面とマイナス面があるので~

片頭痛持ちであることもつらいことが多いのですが、それによって得るものもあります。

会社を片頭痛で休むと別部署の人から「実は自分も片頭痛持ちなんですよ!」と何人かからカミングアウトされ、いい薬あれこれ情報を聞くことができたり…(笑)

私の片頭痛ネットワークは支店内を越えて、京都や名古屋にまで広がりつつあります(笑)
~「そんなのいらないから~(・∀・)」娘2より~

 

ともあれ、体調不良は家族と会社の同僚に迷惑をかけるので、早めに薬を服用するようにしなくては!

毎月2回は片頭痛が起きてしまって薬でコントロールしている私ですが…
7月はなんとか寝込まずに会社に行きたいと思っています!

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク