「PTA役員の作業効率化」を考える | *グレ通信~ 私のすきなこと*

「PTA役員の作業効率化」を考える

こんにちは(^-^) Greです。

 

Czech - Poloand mountains called Beskydy

今年度は中学のPTA役員をすることになり、

実際の作業がスタートしました。

(ちなみに、本部役員ではありません)

 

最近、新聞などでもPTA役員についての

アンケートが行われ、さまざまな意見を目にしますが、

私がPTAの作業の効率化について思うことを書いてみます。

 

スポンサーリンク

PTA役員の効率化案-その1

先日、役員での仕事の割り振りの打合せがありました。

作業内容を確認してすなおに思ったのは、

役員数をもっと減らせるのでは?

ということです。

 

実際、会社でこの仕事をするとしたら、一人でOK!!

それを役員4人で分担して行ないます。

ひとりの作業は少ないのですが、その進め方を相談・

共有するための会議にも時間がとられます。

 

ひとりの負担を減らすために役員数を多くしているのかも

しれませんが、実際は手順さえ理解したら、少人数で

作業した方がずっと早いのですよね。

二人でTELで相談しながら作業する位でいいのかも。

 

たくさんの人で集まって、お茶でも飲んで雑談しながら、

交流もかねて役員しごとしましょ!という時代では

ないなぁと思ってしまいます。

 

役員数が半分になれば、役員をしなくてもいい人が増えて

親の負担が減るはずです。

 

PTA役員の効率化案-その2

さらに、PTA主催の行事を減らしても

いいのでは?と思います。

 

バレーボール大会やソフトボール大会。

保護者向けの研修会とセミナー。

運動会での手伝い、文化祭での手伝いetc。

もう少し、PTAの出番を減らせるはずです。

 

たしかに、これらの行事のおかげで親同士の交流は

増えますが、町内会でも同じような行事があります。

実際、これらの行事にぜひとも参加したい!

中学でも親同士で交流したい!と思っている保護者は

実際どのくらいいるのでしょう。

 

それよりも「今月も有給休暇、使わなきゃダメか…」

とガックリきている親の方が多いのでは?

 

親同士が知り合いになっていると子供のためになる、

といわれていますが、本当に子供のためになって

いるのか疑問です。

 

それでも効率化できない理由

PTAの世界はなぜか、「効率化」よりも

「子供のため」「現行通り」が優先される世界なので~

大きな変化を起こしにくいのを強く感じます。

 

子供が多くいて、長くPTAに参加している

母親が強い発言権を持つのも不思議です。

 

また、役員は一年で任期が終わるので、

一年が無事に終われば任務完了!関係なし!

今年度のしごとが翌年に活かされず…

これも効率化されない原因なのでしょう。

 

実際問題、子供の授業参観さえも行けないくらい、

仕事が休めない私は、授業参観をパスして、

PTA役員会に参加しています。

 

この状況が子供のためになっているのかどうか…

よくわからなくなってきます…(-“-)

 

ともあれ、さっさと役員仕事を終わらせて〜

麦酒でおつかれさま会するのが今の楽しみ✧

 

ということで、来週は昨年度の役員ママさん達と

「一年おつかれさま」飲み会です✧

こんなことでもないと、PTAなんてやってられませんものね!

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする