子供を叱る回数を激減させる方法 | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子供を叱る回数を激減させる方法

こんにちは(^-^) Greです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

先日の娘2との会話✧

母「母に怒られずに済む方法を教えてあげる。

これは怒られそうだな、と思うときは話の前に、

”お母さん、怒るかもしれないけど…言ってもいい?”

っていうの」

娘2「え~?」

 

母「そうすると母が”怒らないからいってごらん”

っていうから、それから話すと叱られないよ♡」

娘2「いわなくても怒ってないじゃん(・∀・)」

 

母「とにかく!ここ重要だから覚えといてね!

ハイ!ここ、テストに出ます!バンバン…(黒板叩く音)」(苦笑)

 

確かに、娘2は姉を見ていろいろ学んでいるので、

母から叱られることはほとんどありません。

 

それでも、人を叱るのってパワーが必要なので~

できるだけ回数を減らしたい!のが本音ですよね。

そこで、親の手の内をあかすことで、

できるだけ叱る場面を減らそうと試みているのでした。

 

スポンサーリンク

子供を叱る回数を激減させる方法

というのも、娘を叱ったところで、次からそれを

しなくなるわけではないことが多いからです。

 

たとえば、学校のプリントを母に出さずに叱られる場面✧

母「個人面談の日程のお知らせ、まだ来てないの?」

娘2「…ゴメン!先週、来てた」

 

このような場合、娘2を叱ったところで、

次から早く出すようになるわけではありません。

叱っても、叱らなくても結果は同じだったりもします。

 

本人にとって、プリントを親に早く渡すことに

メリットはないのだから。

後で他のと一緒に渡そう~くらいにしか

奴ら(中・高校生)は考えていないのです。

 

そこで親がすべきこと✧

娘を叱ることよりももっと重要なことがあります。

それは娘2に「しまった!」と感じさせること。

 

プリントを遅く出した時は、

母「この日は休みがとれないかも。

先週だったら休み入れられたんだけど…。

明日、会社でお願いしてみるから、

万が一の場合は一人で面談出てくれる?」

などと娘をドッキリさせるのが効果アリ✧

 

次からはプリントを早く出してくれるはず…(希望)

 

子供に親の手のうちをあかすメリット

他にも、親の手の内をあかしておくと

親がラクできることはいろいろあります。

 

我が家の場合はたとえば、母は

・空腹時

・朝の準備でバタバタしてるとき

・仕事から帰ってすぐ

は機嫌が悪いから、そういうときには

叱られそうな話はしないほうがいいよ!

とあらかじめ娘達に話してあります。

 

これも手の内をあかしておくことで、

ムダに子供を叱ることがなくなります。

 

ただでさえ、イライラしている時間帯に

「宿題まだ終わってないの…」

などと娘にカミングアウトされたら、

「なにやってんの~~~!!!」と

母火山が爆発する確率100%だからです✧

 

ごはんを食べて落ち着いたときに話すよう、

しっかりと子供たちに伝えておきましょう。

これだけで子供を叱る回数を激減させることができます。

 

叱られたくないときはこうしよう!

人に報告するときは、相手の状態をよく見極める!

これは仕事上でもとても大事なことですね。

 

私は上司にマイナス報告をするときは、できれば

昼食後を選んでいました。

相手の精神状態が安定しているときの方が

許容してもらえる確率が高いからです。

これは娘にも伝えてありますが、小さいころから

覚えておいても損はないと思っています。

 

実は他にもいろいろと私は「手のうち」を

娘にあかしており、ずいぶんラクをしています。

話が長くなったので、次回にお話ししたいと思います。

 

✧✧✧

明日は月曜日。

ちょっと憂鬱になりがちな日曜の夜。

そんな夜は図書館で借りてきた本を読みながら

現実逃避しつつ眠りに入ります。

明日からまたガンバロウ✧

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする