中学・娘の通知票に思うこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

中学・娘の通知票に思うこと

こんにちは(^-^) Greです。

file5541279118403

さて、仙台市の公立中学は明日から秋休み☆

ということは…
今日は通知票を持って帰る日なのでした!

すっかり忘れておりましたが…(・ω・)ノ

夜帰宅すると、娘2がまじめな顔つきで

「ハハ!成績…ちょっと下がってるけど…通知票、いま見る?
それともご飯食べてから見る?」

と通知票を小脇に抱えていたので…

母「いま、見させていただきます」

と恐る恐る開いてみたところ、あれれ?という結果でした。

あれ~?テストはよかったのに~???

なんで理科の成績がこんななの〜???
(ココロノ声…)

どうやら提出物がきちんと出せていなかったらしく…
娘2、涙目になっておりました(-ω-)

まぁ、中2の1学期だから、通知票もあと3回あるし…

挽回は可能だけど、今ここで心を入れ替えた方が
いいだろうなと思い、淡々と注意事項を話しました。
テストはよくできていたのに、素点でマイナスに
なるとは…もったいない!

あの点でこの成績ってことは、よっぽどな何かを
しちゃったんだろうなぁ。

大好きな理科でいい成績がとれなかったので…
ショックを受けているらしい娘2…☆彡

『次もがんばろうね♡』と励ましておきました。

『おたくバカ』になろう✧

いま振り返ると…

中学時代、勉強していなかった長女の娘1はなぜか、
5教科以外の科目(音楽や美術・家庭科)が安定して
成績がよかったのでとても助けられていました♡

5教科の点が悪くてもトータル的にはよく見えて
しまうという…数字のマジック✧

そこで思ったのは…

特化して得意な分野があると、他がイマイチでも
人は許せてしまうんだということ。

仕事においても同じことがいえそうです。

一つの分野において『おたくバカ』といえる位の
職業人or家庭人になろうよ!ということ✧

主婦であれば、料理や掃除・家計管理など…
ひとつ得意な分野があると認めてもらえるよね?
と思いました。

 

その後、オットが帰宅(・ω・)

晩御飯の後にそっと通知票を見せると…

夫「がんばったね♡」と娘2にひとこと。

✧✧✧

そう来るか✧

だから娘達からの信頼が厚いんだな…

最初のひとことってとても重要だものね♡

✧✧✧

やっぱりオットにはかなわないなぁ〜(-ω-)

後から聞いたらホントにそう思っていたそうなのですが…

子供にどう言葉をかけるかはとても大切ですね…✧

植物を育てるのは子育てととても似ている、といいますが、
それが得意なオットの手法を私も学ぶべきなのかもしれない…

子供をやる気にさせるのは難しいなぁ、としみじみ
思った夜のできごとでした✧

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク