東大を出てプロ・ポーカープレイヤーへ | *グレ通信~ 私のすきなこと*

東大を出てプロ・ポーカープレイヤーへ

こんにちは(^-^) Greです。

P1140240

さて、朝日新聞の土曜版「be」にとてもおもしろい

記事が載っていました。

東大を卒業したプロのポーカーのプレイヤーである、

木原 直哉さんの特集です。

 

「頭脳ゲーム」に生きる

1981年生まれ、北海道出身の木原 直哉さん。

東大理学部を10年かけて卒業した後、プロのポーカーの道へ。

世界ポーカー選手権で2012年優勝。賞金四千万円を獲得。

と、インパクトある経歴の持ち主である木原さん。<朝日新聞>より

安定した大企業への就職ではなく、ポーカーの道を選びました。

 

そろばんで鍛えた計算力と抜群の集中力があり、

精神的にも冷静でギャンブルの素質があった

と記事に紹介されています。<朝日新聞>より

 

木原さんは将棋・麻雀・西洋すごろくなどの「頭脳ゲーム」に

はまった後、26歳からポーカーと出会い、ラスベガスのカジノに

出入りしてポーカーでお金を稼ぐようになり、在学途中から

親からの仕送りはなかったとのこと。

 

息子を信じて✧

そんな息子に対して、母親の孝子さんは一切、口をはさまなかった

ということでした。

何をして収入を得ているかは知らなかったが、そのうちに

教えてくれるやろ、と息子を信じて任せた

のだそうです。<朝日新聞>より

 

うちには東大の息子はいませんが~(-ω-)

私に息子がいたら、彼を信じて何も聞かずにいることができるだろうか?

 

木原さんの言葉✧

『人生は好きなことだけ やればいい』

実際にプロポーカープレイヤーとして生きている木原さんの

言葉は重みがあります✧

 

自分の子供を信じる✧

自分の子供を信じるということは、言葉でいうのは簡単ですが、

実際には母親として、なかなかできることではありません。

しかも数年間もの長い間、不確実なものを信じて待つのは

親の本能的にはなかなかにムズカシイ…!

 

ついつい「人生の先輩からのアドバイス」と称して、

保守的な道を勧めてしまいがち✧

この記事で「信じて待つことの大切さ」を再確認できました。

 

朝日新聞の土曜版「be」はとてもいい記事が多く、

興味深い記事は切り取って保存しています。

 

そのときそのときに自分に必要な教えをひきよせている✧

そんな気持で軌道修正しながら進んでいきたいと思っています。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク