子供に教えたい「命の大切さ」&気をとりなおすこと | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子供に教えたい「命の大切さ」&気をとりなおすこと

こんにちは(^-^) Greです。

 

file6851297891836

私が子供の頃に父親から聞いて、今でも心に残っている言葉があります。

たぶん小学生の頃のこと✧

テレビのニュースを見ながらの会話でした。

 

「子供が親よりも先に死んでしまうことを”逆縁”っていって、

それはあってはならないことなんだよ。」

きっと、子供が亡くなる悲しいニュースを見てのひとことだったのでしょう。

 

子供ながらにとても心に残っており、父の言葉には素直に

「じゃあ、親よりも長生きしなきゃ」と思いました。

 

今でもそのときの「茶の間の風景」をおぼえています✧

私が育った実家の家は今はもうないので、記憶の中だけに残る

実家の茶の間の風景です。

 

自分の子供が生まれた時に思ったこと

自分も子供を持つ現在、父の意見には「本当にそうだなぁ」と実感しています。

 

私が子供を生んだ翌日にしみじみ思ったのは、

「かわいい」といった感情だけではなく、

「私より長く生きてくれなかったら困る」

という感情でした✧

 

母親にとっての子供ってそういうものですよね。

冷静に分析すると、動物の本能だと思うのですが、

私も動物だったんだなと強く感じたものでした。

 

スポンサーリンク

子供に伝えたい「命の大切さ」

そこで私も父のように、命を大切にする心を

子供に教えたいと思っています。

「生きているだけで十分なんだよ」ということ。

 

普通に暮らせているだけでもう、十分にがんばっているんだよ。

そこから先はもう「プラスアルファ」だから。

まずは食べて寝て生きようね。

ということを伝えているつもり✧

 

娘2にいうと、

「あ~もう何度も聞いたから(・∀・)」

と優しく、キッパリといわれますが~苦笑

何度でも伝えたいことですよね!

 

もう十分にがんばっている!

娘が毎日、

学校に通って、

一日授業を受けて、

クラスの人と問題なく過ごせており、

部活動を普通に行なえていること

は本当にすごいことだと思っているし。

 

それを大人にあてはめてみると…

毎朝起きてご飯のしたくをして、

働いている人は仕事をして、

専業主婦の人は家事や家族のフォローをして、

周りの人とコミュニケーションがとれること

はもう、十分にがんばっているということですね!

 

私もがんばってる~(・∀・)/イエーイ

 

無理せず一歩ずつ前に進もう!

人はそれ以上を求めてしまうものですが~

階段を一段抜かしで昇り続けたら疲れてしまうように、

一歩ずつ着実に階段を昇っていけばいいのかも✧

 

するといつの間にか、階段を何段か昇っていて~

気がつけば、階段の踊り場まで行けるのかもしれません✧

 

時折ふと、階段の上を見上げたら、

すでに踊り場に到達している人が見えてしまって、

その人の活躍がまぶしく見えて、

自分がダメ人間に思えて落ち込むこともありますが~

 

その人もきっと、陰で努力していた時間があったのだと

思うのです。

それが自分には見えていないだけのこと。

 

そんなときは「人生の階段」に座りこんで、

「生きているだけでもう十分」説を思い出して

気を取り直したいものですね✧

 

人生っていいことも悪いことも、いろいろあるけれど~

「気を取り直すこと」ってとても大切だなぁと思う今日この頃✧

 

娘達には「気をとりなおし上手」になってほしいと思います。

私の母がそうであるように✧

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする