困ったとき、どうしていますか? | *グレ通信~ 私のすきなこと*

困ったとき、どうしていますか?

こんにちは(^-^) Greです。

DSC_7929

 

さて、中3の娘2。

部活の引退が遅くなり、受験勉強どころか

日常のテスト勉強さえもする時間がなく、

学校の成績もかなり下がってしまっていました。

 

そして先日、娘2の中学での個人面談があり、

「志望校を下げることも考えるべき」

と厳しいことをいわれ、母と二人で地面を見ながら

とぼとぼ歩いて帰ってきました。

 

娘2には、

「あと4カ月!目標に向かってガンバロウ!」

と声をかけたものの~

夢ばかり見ているわけにはいかないので、

ランクを下げるならどこだろう、とネットで調べていました。

 

東京と違って、仙台は高校の数が少ないので~

自分が高校受験したときのようにすぐに適当な学校が

見つかるわけではありません。

 

学校が選べないのは地方のデメリットでもあるよね、

などと思いながら、ネットの世界をさまよっていました。

 

✧✧✧

母と娘2ふたりとも数日間もやもやとした気分で

過ごしていたのですが~

「このままではいけない!

困ったときこそ、プロの意見を参考にすべき!」

と思いたち、急きょ、娘2が小学生から通っている

塾の先生に意見を聞くことにしました。

 

そして本日✧

塾で面談を受けてきたのですが~

「●●ちゃんは小学生の頃から見ているけれど、

吹奏楽部でがんばったことが逆に、勉強面でも

いい方向へ変えてくれたと思います。

集中力がついたし、目標に向かってがんばることが

できるようになったから。

学校の成績よりも校外模試の点を重視しています。

志望校を変えずに、このままいける可能性があると

思ってみていました。一緒にがんばりましょう!」

と先生から励ましのお言葉をいただきました。

 

この理系ティーチャーには、長女の娘1も大学受験で

お世話になっており、姉妹ともに精神面も勉強面でも

支えていただいています。

ときには、

「●●ちゃん、顔の湿疹治らないなら、病院変えた方がいいよ」

という健康面のアドバイスまで…(苦笑)

 

娘2いはく、

「先生がときどき、姉のことを話してるよ~

姉も高3のときはすごくがんばってたって♡

彼女は研究者向きだと思うって先生いってたよ」

とのこと。

 

私達夫婦は縁もゆかりもない仙台の土地に移住してきて

知り合いが一人もいないところで子育てを始めたのですが~

自分たちの子供のことを一緒に見ていてくれて、

娘達の努力を理解してくれる人がいるということは

本当にありがたいことだと感謝しています✧

 

塾の先生は娘2の面談の最後に、

「いま、塾で一番がんばってるのは●●ちゃんですよ。

素直に頑張る子だからまだまだ伸びると思います。」

と話してくれました。

 

娘2はその後、キラキラした目をしていました✧

親が気づいていなかった、娘のいい点を見つけてくれて

私自身もハッとさせられました。

「そうか、そんなにがんばっていたんだ、

最近、娘2のことをほめていなかったなぁ」

と反省✧いろいろ考えさせられた休日になりました。

 

そこで結論✧

困った時こそ、人に相談をしよう!

 

自分たちで結論が出せない場合は、プロの意見を

参考にすべきだと実感しました。

そして、気持ちがスッキリして目標が定まったところで、

それに向かって努力を続ける。

気持ちが固まらないと、なかなか集中できないですものね。

 

✧✧✧

面談が終わると娘2はまた、塾へ行ってしまいました。

静かな雨の休日です。

娘2もがんばっていることだし、

今日も晩御飯に土鍋ごはんを炊いてあげよう✧

 

いつもごはんは3口分くらいしか食べないのに、

土鍋でご飯を炊いた夜だけは2回おかわりする娘2。

あいかわらず正直だなぁ~

 

いつも「おいしかった~ありがとう」といってくれるのも娘2。

こちらこそ、たくさん食べてくれてありがとう✧

 

この平和な日々がずっと続いてくれたらなぁ✧

いつまでも丸顔の娘2の隣でごはん食べたいなぁ

と思ってしまう今日この頃。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク