相手の立場で物事を考えてみる | *グレ通信~ 私のすきなこと*

相手の立場で物事を考えてみる

こんにちは(^-^) Greです。

 

house

 

雨の休日も終わってしまいました✧

サザエさんを見ていたら、切なくなってきたので~

録画しておいた「水曜どうでしょう✧クラシック」を

オットと二人で笑って見ていました。

なんともいえないバカバカしさが、

明日から仕事だということを忘れさせてくれて

サイコーです✧

 

さて、昨日のブログで塾の先生の話を書きました。

中学の面談で「志望校を下げるべき」といわれた娘2、

塾の先生は「下げずにこのままガンバロウ」と

アドバイスしてくれました。

 

娘2のことをプラス評価してくれる塾の先生に

感謝の気持ちを持ちつつも~

実はその反面、冷静に分析している自分がいます。

 

スポンサーリンク

相手の立場で物事を考えてみる

物事にはいつでも表と裏があるので~

相手の話を100%うのみにしてはいけない、

最終判断は自分で決めないといけない、

ということを身をもって実感しているからです。

 

そもそも、塾の立場で考えてみると~

「上位高校の合格実績を残したい」

というのが塾側の本音だと思われます。

 

つまり、多少のリスクがあったとしてもできるだけ、

上位ランクの高校を受験してほしい、

ということになり、多少、無茶でも

「志望校を変えずにそのままガンバロウ」

と娘2にアドバイスするのが自然な流れになります。

 

そこで、塾の先生の意見を拝聴しつつも、

それをうのみにしてはいけない、ということになります。

最終的には自分達の考えに従って受験校を選ぶ、

ということが大切なのですね。

 

中学の先生の立場から考えてみる

また、中学としても中学側の思惑があるはずで~

学校としてはやはり、進学実績が大事なので

*県立高校の合格実績*

を残すために多少ランクを下げてでも

県立高校に合格してほしい

という気持ちがあるはず。

(このあたりは地域によって違ってくるのでしょう。)

 

それで先日の個人面談での担任の先生からの

「志望校を見直すべき(確実に受かる県立高校に)」

という言葉につながるのですね。

中学の先生はあまり冒険はさせてくれない、

という話をよく聞きます。

 

やはりここでも、学校側の意見を100%信用せずに

自分たちの判断で受験校を決めることが重要なのでしょう。

相手方の「思惑」を意識するようにすると、

見えてくるものがあります。

 

考えすぎるとわけわからなくなってきますが~

我が家では、

「最終的には自分で受験する高校を決めてよし!」

ということになっています。

本人が決めたことなら後悔が少ないと思うから。

15歳の決断✧どんな選択をするのでしょう。

 

自分の好きなものを断ってみる!

ということで私ができることは何もないのですが~

娘2が先日、好きな本やマンガを段ボール箱に

詰めて封印していたのをチラリと見て、

私も好きなものをやめてみようと密かに思いたちました。

 

でも、大好きな漫画や本はやめられないし~

自分の健康も考えて~

今月から平日のお酒を断っています✧

 

もちろん、娘2には内緒です。

お酒を飲むのは休前日限定のお楽しみ!

慣れてみるとこれがフツウになるものですね✧

 

ということで今日もお酒代わりの炭酸水を飲みながら、

マンガを読むといたしましょう✧

 

最近のお気に入りの漫画がこちら↓

11/20新刊発売のため予習中!(1巻から読み返しています)

 

聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)

 

炭酸水はいつもネットで箱買い✧夫の力を借りずに常備OKできます!

 

できるだけ、オットには頼りたくないですものね!

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする