子育ての醍醐味は『追体験』できること | *グレ通信~ 私のすきなこと*

子育ての醍醐味は『追体験』できること

こんにちは(^-^) Greです。

file0001124567150

 

娘2が部活動を引退して受験生となり、

学校から渡された志望校調査書を前に

親子で話しあう時間がありました。

 

志望校として、県立高校1校と私立高校2校まで

書くことができる用紙です。

 

スポンサーリンク

進路希望調査書を前に思うこと

用紙を前にして思い出すのは、自分の高校受験の

ときのことです。

県立高校はすぐに決まったのですが、私立高校は

なかなか決められず…

分厚い高校ガイドを熟読して、偏差値と通学時間を

めやすに自分で3校選んで受験しました。

 

娘2についても、部活動が忙しくオープンスクールにも

行くことができなかったので~

私立高校がなかなか決められずにいました。

 

大学受験ともなると本人の希望第一で進められるので

志望校決定については親は手放しでいられますが~

高校受験はさすがに親も多少なりとも首を突っ込んで

一緒に考えていくことが求められますね。

 

母「もし、アレだったらアレだから、

私立高校、もう1校選んでおく?」

娘2「そうだね、両方アレになっちゃうとアレだからね」

 

まったく意味がわかりません~(-ω-)

 

「マイナスの言葉を使わない!現実になると困るから」

と親子の間で決めているので、万が一にもそうなると

困ることは言葉に出さずに「アレ」と言うことに

なっている我が家(苦笑)

…たいへん話がわかりにくくなっています(汗)

 

そんな変な会話をしつつ、娘2の志望校調査書も

ようやく空欄を埋めることができました✧

 

母「まだ、最終決定じゃないから大丈夫!」

娘2「オッケー(・∀・)」

と軽いタッチで進めておりますが~

 

来月中旬には定期テストがあり、それで内申点も

固まり、志望校の最終決定へ、前期試験へと進みます。

 

子育ての醍醐味は『追体験』できること

そして、ふと思ったことは、

「子育てのだいご味は、娘を見ながら自分も追体験できることだなぁ」

ということです✧

 

娘達が部活動やボランティアや勉強などに打ち込む姿を見て、

まるで自分が経験したかのような感覚になるときがあります。

 

また、自分の古い記憶がよみがえってきて、その当時

考えていたことをリアルに思いだすこともあります。

それがまた、なつかしく不思議な感覚になるのです✧

 

もちろん、娘は自分とは別個の人格なので、

感情移入しないようにしておりますが~

 

部活動を楽しんでいる娘の姿をふと見ると、

実際は帰宅部だった私にはないはずの部活の楽しい記憶が

自分の中にあるような気持ちになるのですね。

これは子供が女子だからなのかもしれません✧

 

『追体験』を楽しむには感情移入しないこと

私は仕事で程よく忙しいので、娘のことを

考えている時間は一日の中のほんのわずか✧

だからこそ、感情移入しすぎることもなく

「追体験」を楽しむことができるし、

平和に過ごせているのだと思っています。

 

あまり、子供のことばかり考えていると、

「重たい母」になって娘に嫌われるので、

自分の世界を持つことが重要だと感じています。

 

✧✧✧

さて、今日は同年代女性で楽しくディナーを

食べてきました。

ちょうど同年代の子供がいるメンバーなので、

仕事のことも子育てのことも何でも話せて

ラクチンです。

最近になって知り合った方達なのですが、

とても気が合うので不思議な縁を感じます。

 

子供が大きくなって手が離れると、

別の楽しみも増えてくるものなのですね✧

 

娘とともに中学時代の「追体験」を楽しんだ後は…

自分の世界に戻ることにいたしましょう。

明日からまた仕事ガンバロウ〜

 

私はやっぱり仕事が好きなんだなぁとしみじみ思います。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする