受験生の母の極意~入試10日前の受験サポート | *グレ通信~ 私のすきなこと*

受験生の母の極意~入試10日前の受験サポート

こんにちは(^-^) Greです。

file000626114117

 

朝起きると、窓の外は真っ白な世界✧

今シーズン初めての積雪デーとなりました。

といっても晴れているのですぐにとけてしまいそう。

 

それにしても…今日はセンター試験だというのに。

お天気の神様も試練を与えますね。

そんなプレッシャーに負けることなく、

受験生には普段の実力を発揮してほしいものです。

 

スポンサーリンク

母ができる受験サポート

宮城県では私立高校入試10日前になりました。

この段階で、親ができる受験サポートは何でしょう。

 

親ができることとして考えられるのは、

1.子供の健康管理

2.学校までの道順確認

3.面接の練習

4.作文の練習

5.精神的にリラックスさせること(一番重要!)

でしょうか。

 

どれか二つ選ぶとすれば、1と5でしょう。

とても大切なことだと思います。

 

受験生の母の極意~面接の練習手順

ということで✧

今日は娘2と一緒に面接の練習をしてみました。

 

勉強については基本、親はノータッチですが、

面接の練習であれば家でもできますね。

学校や塾でも面接の練習をしてくれますが、

じっくりと時間をかけての練習は無理な話。

 

 

それでは我が家の面接の練習手順は以下の通りです。

 

1.面接についての注意事項の確認

中学から配布された面接の資料にある「注意事項」を

娘2と一緒に声に出して読みあげつつ確認しました。

 

読みあげた音声が耳から頭に入って理解しやすくなり、

また、記憶に残りやすくなるからです。

これは「英語や古文の学習において音読が有効」説と

同じ理由です。

 

2.面接の流れを確認

次に資料をもとに、面接の流れを確認しました。

面接室に入室するところから退席するまでの流れを

実際に練習してみました。

 

具体的には、

・ドアの開け方、閉め方

・おじぎの仕方

・声の出し方

・座り方、立ち方

などについて実践練習!

 

一礼する際には心の中で、「よろしくお願いします」

「ありがとうございました」と念じるよう指導。

気持ちのこもっていない一礼はすぐに見抜かれてしまいます。

 

3.面接での回答例の作成方法

次に面接でよく聞かれる質問についての回答例を

娘2の考えを尊重しつつ、作成しました。

 

質問にあった回答を作成するコツですが、

国語の記述問題の解答のコツと共通しています。

相手が聞きたいと思っていることを理解し、

自分の考えを簡潔にまとめることが大切です。

 

他の注意点としては、

・具体的に自分の考えを述べる

・学校側がどのような生徒を求めているかを理解する

・それにあった回答をする

ということも重要になってくるでしょう。

 

集団面接での注意点

集団面接と個別面接の違い

集団面接の場合は、個別面接とは違った注意が必要になります。

というのも、集団面接は他の学生が同じ質問について

解答するのを聞くことになり、それがプレッシャーに

なり得るからです。

 

初めて集団面接を受けると、個別面接とは大きく

違うことにビックリするでしょう。

 

たとえば、自分が話そうと思っていた内容とまったく

同じ回答を直前の生徒が話してしまった場合、

動揺してしまうことも考えられます。

また、他の生徒の解答が立派すぎて、自分の解答が

稚拙に思えて自信を失い、声が小さくなってしまう

ということもあり得ます。

 

集団面接の注意ポイント

そこで集団面接の注意点としては、

 

1.他の生徒の回答をじっくり聞く必要はない。

 

2.他の人と内容が同じであっても気にせず、堂々と話す。

(その場で別案を考えるのは困難でリスクが大きい)

 

3.他の生徒の解答が立派でも気にしない。

 

4.他の人が解答している間に、面接官の質問を忘れない。

 

5.他の人の解答中も自分が見られていることを忘れない。

 

ということでしょうか。

準備があれば、そのようなシチュエーションになっても動揺せず、

自分の考えを堂々を答えることができるはずです。

 

高校の入試面接で一番大切なこと

さて、入試面接で一番大切なことは何でしょう。

高校入試の面接では、面接が初めてという人が

多いことでしょう。

 

そこで初・面接では、

・上手に話そうと気負わずに

・自分の言葉で話す

ことが大切だと考えます。

 

また、入試の面接で一番重要なことは

「この学校に入りたい!」

という気持ちを表すことです。

 

面接官から見ると、

・本当に入学したいと思っている生徒

・とりあえず滑り止めで受験した生徒

この違いははっきりとわかってしまうのでは

ないでしょうか。

 

「入学したい!」という気持ちをアピールする、

自己表現の場として面接を利用すると考えると

一つのいい人生経験になることでしょう。

今後の人生でも何度か、面接を受ける機会は

あるのでしょうから。

 

✧✧✧

2時間みっちりと面接練習をしてから、娘2はまた

「いってきま~す(・∀・)」

と塾へ自主勉強をしに行ってしまいました。

 

玄関を閉める前に娘2はクルッと振り返り、

「ハハ~、ありがとう!」

と笑顔でひとこと✧

 

娘2らしいなぁ、とクスッと笑ってしまいました。

 

 

娘2にはこちらが指導したつもりでしたが~

逆にいろいろと教わることがあるなぁ✧

などと思いつつ、ひとりPCに向かっております。

 

素直に感謝の気持ちを表現できるのは

とても素敵なことですね。

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする