夫婦別姓について~子供と議論してみよう | *グレ通信~ 私のすきなこと*

夫婦別姓について~子供と議論してみよう

こんにちは(^-^) Greです。

IMG_4800

 

金星探査機「あかつき」が奇跡を起こしましたね。

5年前に金星の周回軌道に入ることに失敗し、

太陽の周りをまわっていた「あかつき」。

 

再度、金星に大接近するタイミングを狙って、

金星の周回軌道へ入ろうという再トライが成功!

年末にうれしいニュースでしたね✧

なんだかワクワクしました。

 

スポンサーリンク

夫婦別姓について最高裁の判決はいかに!?

さて、昨夜も娘2とふたりで晩御飯を食べていたのですが、

NHKニュースで「夫婦別姓」を取り上げていました。

 

母「ハハも結婚するとき、別姓(事実婚)を考えたんだよね。

でも、子供が生まれたときにどちらの姓にするか

考えていたら面倒になって改姓しちゃった!」

娘2「たしかに…どっちの名字にするか、もめそう」

 

母「でも夫の名字に変えたら、画数が減って楽になった!」

娘2「テストのときにいーね!ハハ、Nice!」

と機能面を重視するあたり、やっぱり理系だなぁ~(・∀・)

 

その後も話は続いて…

母「子供から見ると、父母が姓が違うってどうなの?」

娘2「そうだね。最初からそうであれば・・・」

 

母「夫婦別姓の問題点を解決する方法ないかな?」

娘2「え~っと、組み合わせて新たな姓を作り出す?」

母「それは楽しい~!」

・・・・・

母「そうすると家制度はどうなるんだ?」

娘2「それはさ…」

・・・・・

娘2の斬新な意見を聞くことができて、楽しい晩御飯になりました。

 

今月中にも最高裁判所で、夫婦別姓に関する判断が

出されるとのこと。

たいへん楽しみですね~!

 

夫婦別姓は夫婦の崩壊のもとになる?

私はもちろん、夫婦別姓の選択肢も必要だと考えています。

「自分の名前」で仕事をしている女性が今後も増えていくであろうと思うから。

 

選択肢を増やしておいて、女性が自由に選べる世の中であってほしい。

夫婦別姓により、夫婦の絆がなくなる、

という意見が出されていますが、実際に夫婦別姓を選択する夫婦の絆は

しっかりと結ばれているように思えます。

 

夫婦同姓の夫婦の中にこそ、関係が危うい夫婦が数多くいるのでは、

と思うことがあります。

 

ただし、夫婦別姓を許可するとなると、戸籍等の問題が複雑になり、

民法改正が必要になるなど問題が大きくなることも事実です。

家制度を考えると、別姓は難しいだろうなぁとも思います。

 

それでも、それらを考慮してもなお、変えなければいけない

時期に来ているように感じています。

 

子供と議論を楽しもう✧

テレビのニュースをきっかけに、社会の問題について

娘とあれこれ論じるのはとても楽しいことです。

ひとり暮らしをする前は長女も話の輪に入って

ニュースを見て母娘でよく議論をかわしたものでした。

 

ぜひ、小学生くらいから親子で話し合う機会をたくさん

作ってみて下さい。

 

意見がまったく違う相手の話を聞くのはたいへん勉強になるし、

子供の考え方も知ることができます。

自分の考えが間違っていることに気づくことも多し!

自分の間違いを訂正する機会も増えて、謙虚になれるのもいいところ。

 

 

実は、いかに相手の笑いをとりつつ、斬新なアイディアを

披露できるかが我が家の主題になっており、

議論の目的が少し違っていたりもするのですが~(苦笑)

 

仕事をしていく上では柔軟な発想が自分を助けてくれる

ことも多いので~

アイディア出しはいい脳トレになると感じています。

 

そんなふうに自然に社会のことをあれこれ話せる相手が

いるのは幸せなことですね✧

そんな普通の毎日に感謝しつつ…

今日も仕事ガンバロウ~!

 

 

情報ブログも書いています✧



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする